初めて聴くクラシックの曲に、
このサイトの解説を利用して、
どうアプローチしていくかをお教えします。
下記の方法を一度お試し下さい。

手順1 積極的な「ながら聴き」により、まず、曲に慣れる

初めて聴くクラシックの曲は、1~2回聴いた程度ではわかりません。
クラシック音楽を聴き慣れた私でも同じです。
音楽というのは流れて消えていってしまいますので
慣れる時間が必要なのです。
わからない段階で一生懸命聴いても、時間がもったいないので
積極的に「ながら聴き」を行い、2~3回は聴きましょう。

手順2 解説を片手に、曲を分割して捉える

慣れたところで、解説を見ながら聴いていきます。
このひと手間が重要なので、がんばって下さい。

それぞれの曲の解説は、
SPT方式により分析した表、参考動画、補足コメントから成ります。
表を印刷してスマホで動画を見るか、
スマホで表を見ながら、パソコンやタブレットで動画を見る(または、その逆)
のがお勧めです。

そして、まず、
セグメンテーションで分割した各ブロックの
前後15秒程度を飛ばし聴き
し、ブロックの切れ目を把握します。
同時に主題を(主要フレーズが表示されている場合は併せて)把握しましょう。
これにより、全体を通しで聴く場合に、
自分がどのブロックを聴いているのか、常にわかるようになり、
音楽に集中できるようになります。

手順3 曲の聴きどころを押さえる

今度は、
曲の最後のブロックから聴き始め、
次はその前のブロックから、
その次は、その前の前のブロックから
というように
最後から戻ってくる感じで聴いてみて下さい。
クラシック音楽は、多くの場合、
曲の最後にヤマ場が来ますので、
せっかくのヤマ場を聴き逃さないようにという意味です。
曲の途中に聴きどころがある場合は、
補足コメントでお伝えします。

※ 曲の難易度により、解説する段階を変えています。
※ 参考動画の時間は、
 再生する機器によって1秒程度の誤差があります。