前回は、交響曲で使われる基本的な形式の
ソナタ形式としての側面から、
第一主題、第二主題を見ていただきました。
そして、この交響曲のこの楽章は
複数のパートを対等に扱う
ポリフォニーの側面も有するということでした。
その素材となる5つのフレーズを
まず認識していただきたいと思います。
M1は第一主題の一部
M4は第二主題の一部です。
また、M5、M2は第二主題のバックで
演奏されます。
(その際、M2は動画とキーが異なりますが)
これらの素材がどう活用されているかを聴くのが
この曲を聴く楽しみというわけです。