簡単にわかる!ための クラシック音楽解説

独自の方法 SPT方式により、 クラシック音楽を わかりやすく 解説していきます。

交響曲

マーラー 交響曲第2番「復活」 特別解説

この曲は、是非一回ライブで聴いて下さい。
クラシック音楽の醍醐味を味わうことができるでしょう。

しかし、クラシック音楽を聴き慣れていない人には
慣れるまで時間がかかることは確か。

そこで、別添資料を片手に参考動画を聴きながら、
まず、第四楽章のアルトソロ(No.49)、
第五楽章後半の合唱部分(No.68以降)を
重点的に聴いてみて下さい。

慣れてきたら、第五楽章前半、第三楽章、第二楽章と戻っていき、
第一楽章は難しいので、第一主題と第二主題を
把握するだけでもいいです(笑)

ドイツ語の翻訳は、私が辞書を引きながら行いましたが、
ネット上には、もっとよい翻訳がありますので
そちらも参考にして下さい。

⇒資料のダウンロードはこちら


 

ハイドン 交響曲第99番 ステップ1

ハイドンは1732年生まれ、
ベートーヴェンが1770年生まれですので一世代違っています。
交響曲という形式はハイドンによって確立されたと言ってよく、
番号は104番まであります。
ニックネームのついた曲も多いですが、
あまり参考にしないほうがいいでしょう。
古楽器による演奏から、現代の大オーケストラによる演奏まで、
演奏形態や指揮者によっても、印象が大きく異なりますので、
色々試し聴きしてみて下さい。
個人的には、ロジャー・ノリントン指揮による
メリハリの利いた演奏をお勧めしますが、
最近は、ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルの
フルスペックの豪華な演奏もいいなと思っています。
(カラヤンの抒情的な音楽性と、構造的なハイドンの音楽とは
一見対照的な気もしますが、不思議なものです)

第四楽章の構成がロンド・ソナタ形式と言ってちょっと難しいです。
ロンド形式とはA-B-A-C-Aというように
主題(A部分)が定期的に戻ってくる形式です。
ソナタ形式は、提示部、展開部、再現部の三部形式ですが
提示部の第一主題をA、第二主題をB、展開部をCとしますと、
この曲の第四楽章は
(A-B-A)-C-(A’-B’)-終結部となっており、
ロンド形式のようにも捉えることができます。
提示部の第二主題が終わった後に、
第一主題が一度戻ってくるところが、珍しいと言えます。

⇒資料のダウンロードはこちら


ブルックナー 交響曲第5番 ステップ1

ブルックナーの交響曲は短いものでも50分、
長いものだと、この曲のように1時間20分ほどかかります。
慣れない方には敷居が高く感じられると思いますが、
セグメンテーションして全体の構造がわかっていれば大丈夫。
しっかり予習して、是非、生演奏を聴いて下さい。
ホールを埋め尽くす立体的な音響と、迫力のある重低音は
自宅やオーディオプレーヤーで味わうことはできません。

この曲の聴きどころは、何と言っても第四楽章。
主題が大規模なフーガとして展開されるのが醍醐味です。
単一主題のフーガから二重フーガに拡大される部分(No.49)や
迫力のあるフィナーレ(No.54)
あたりを重点的に聴いてみて下さい。

なお、参考動画の指揮者のギュンター・ヴァントの
ブルックナー演奏には定評があります。

⇒資料のダウンロードはこちら


モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」第四楽章 ステップ3(その3)

第一主題、第二主題と主要なモティーフを把握
していただいたところで、
一度、第四楽章全体をざっと聴いておきたいと思います。
(参考動画では24分07秒から)
簡単にセグメンテーションしておきますと、

序奏 なし
提示部 24分07秒 第一主題 C
    25分05秒 第二主題 G
展開部 26分13秒      G
再現部 27分08秒 第一主題 C
    27分47秒 第二主題 C
経過部分28分59秒      F
終結部 29分09秒      C

終結部がこの楽章の聴きどころとなります。
詳しくは改めて解説いたします。





モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」第四楽章 ステップ3(その2)

前回は、交響曲で使われる基本的な形式の
ソナタ形式としての側面から、
第一主題、第二主題を見ていただきました。
そして、この交響曲のこの楽章は
複数のパートを対等に扱う
ポリフォニーの側面も有するということでした。
その素材となる5つのフレーズを
まず認識していただきたいと思います。
M1は第一主題の一部
M4は第二主題の一部です。
また、M5、M2は第二主題のバックで
演奏されます。
(その際、M2は動画とキーが異なりますが)
これらの素材がどう活用されているかを聴くのが
この曲を聴く楽しみというわけです。

ギャラリー
  • マーラー 交響曲第2番「復活」 特別解説
  • ハイドン 交響曲第99番 ステップ1
  • モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ステップ1
  • ブルックナー 交響曲第5番 ステップ1
  • ライヒ「クラッピング・ミュージック」 ステップ0
  • モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」第四楽章 ステップ3(その3)
  • シューマン 弦楽四重奏曲第2番 ステップ2
  • モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」第四楽章 ステップ3(その2)
  • モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」第四楽章 ステップ3(その1)