サン・サーンスは8歳にして
バッハの平均律クラヴィーア曲集48曲
(別名:ピアニストの旧約聖書)
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ32曲
(別名:新約聖書)
を演奏できたそうで
神童と言われていました。
作風はやや軽い感じで
暗いドイツ音楽好きの日本では
あまり評価されていませんが、
良い曲もたくさんあります。
オルガンのための前奏曲とフーガは3曲あり、
いずれも雰囲気の良い曲です。
一度、生で聴いてみたいと思っているのですが
まだ機会に恵まれていません。
4分36秒までが前奏曲、
4分37秒からがフーガとなります。